住宅購入の理想と現実

ただ一つ住宅購入で言えることとしては、このように相談をした時に、不動産屋さんに話します出せる金額ですが、理想と現実の物件とでは約1000万円の開きがあります。これが一般的だそうです。ですから、これを踏まえた上で、相談をしていくのが良いです。そして、不動産屋さんにその内容を踏まえて、物件情報をお調べ頂きまして。後日提案してもらうのです。そして、魅力的な物件があれば、実際にその物件を見学させてもらうのが理想的となります。紙ベースの情報であったり、パソコン上の画面であったり、こうした情報と実際の物件をみると、違いが結構ございます。ですから、できるだけ多くの物件を見学することです。物件数を多くみることによって、自分自身の目も肥えてきます。ですから、最終的にはよりよい物件を見つけることができます。

Copyright ©All rights reserved.DIY可能な賃貸物件.